あめとむち

何日か前に、一日のあいだに何度もスコールが降った日があった。突然空が暗くなって、文字通り「バケツをひっくり返したような」雨が降ったかと思うと、ぱっと晴れあがり、それが午前中に一度、午後に二度あった。その午後の雨と雨の合間、雨が止んだかと思うとぱっと空から差したその光がちょっとどうしたのかと思うほどに美しくて、いてもたってもいられずにカメラを持って家から飛び出した。ビルや街路樹の輪郭がいつもよりずっとシャープに鮮やかに浮かび上がり、軽トラが、電柱が、ビルが、セブンイレブンが、目に映る何もかもがまるでなにかを祝福するように光り輝いていた。興奮して夢中でシャッターを切りながら、でもこれは写真には映らないだろうと思った。後日現像からあがってきた写真を見ると、やはり撮りたいと思ったものはなにも写っていなかった。

 

とても腹の立つことがいくつか重なって、とてもいらいらしていた。腹が立つのは自分の思い通りにいかないからなのか、あるいは自分など大したことがない、という当たり前の現実を目の前に突きつけられたからなのか、どちらなのかと考えてみる。たぶんどちらもそうなのだろう。しかし自分の思い通りに行かないのは至極当然のことではないのか。その当たり前のことを今更目の前に突きつけられたところで、今更怒る程のことではないのではないか。そんなことをぐるぐると考えているうちに全てが面倒くさくなって、もう考えるのを辞めた。みんな好きにしたらいい。いくつか重なったうちの、あとの方で起こった出来事に対して、既に感情を害していた僕はもしかしたらフェアな対応ができなかったかもしれない。でも、いつも誰かが自分に対してフェアであるべきだ(あるいは、他人は自分に対していつもフェアであるべきだ)、という信仰は、それにしても、いったいいつ頃始まったものなのだろうか。

 

 

 

-

PCを買い換えたので、ハードディスクの整理をしていたら昔書きっぱなしになっていた文章を見つけた。データを見ると、最終変更日は2014年5月28日となっている。とても腹が立つことがどんなことだったのか、いまとなってはなにも思い出せない。

|

展覧会のお知らせとおまけ

『タカ・イシイギャラリー 開廊25周年記念グループ展: Survived!』に参加します。

僕は新作ペインティングを数枚展示する予定です。

会期: 2019年6月25日(火) – 7月27日(土)

会場: 3会場にて同時開催
1: タカ・イシイギャラリー 東京 (complex665 3F)
2: タカ・イシイギャラリー 東京 ビューイングルーム (complex665 1F)
3: タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム (AXISビル 2F)
オープニング・レセプション: 6月25日(火)18:00 – 20:00

 

そして今年は長沢節先生が亡くなって早いもので20年目だそうです。

その節目の折に、ちょっとしたイベントをするようです。久しぶりに人物デッサンが描けます。
セツの生徒はもちろん、どなたでも参加出来ます。

 

セツ・ミュージックセミナー

6月22日(土)14:00〜20:00

原宿Vacantにて

詳細は→https://www.vacant.vc/single-post/setsu-music

不肖わたくし、音楽係を務めさせて頂きます。

よかったら遊びに来て下さい。(^_^)ゞ

 

|

絆創膏

久しぶりにログインしたら管理画面がガラリと変わっていてびっくりした。

サウナの中にあった絆創膏は、気が付いたらいつの間にかなくなっていた。

|

2019

よく行くサウナの中の、なんと言うのか、壁面の腰上と腰下の木板の境目にある小さな出っ張りに、誰かが捨てた絆創膏が丸めてちょこんと乗っかっている。利用客が座る席とは反対側の角に置いてあるので、席のタオルを交換することに夢中の従業員には気が付きにくいのかもしれない。初めてその存在に気がついてから、少なくとももう1年はそのままずっとそこに置かれている。最初は汚いな、はやく気が付いてくれないかな、などと思っていたのだけれど、やがてサウナに来る度にその存在を確認するようになってしまった。まだある。今日もまだそこにある。そうして来る日も来る日も90度の熱波にひたすら晒され続け堪え忍んでいる(?)のを目にするうちに、最近ではその姿がなんだかもう道祖神のようにさえ思えてきて、思わず手を合わせたくなってしまう。その絆創膏が、年末年始の大掃除でついに気付かれて捨てられてしまったのか、はたまた今年も元気に変わらぬ姿で鎮座しているのか、それが目下新年最大の関心事です。あけましておめてとうございます。今年もよろしくお願いします。

|

個展のお知らせ

告知が遅くなってしまいましたが、サンフランシスコで個展が始まりました。会期が長いので、もし偶然行くようなことがあればぜひ。
Shinpei Kusanagi solo exhibition
"Mindlake"
November 1 – December 21, 2018
Altman Siegel
1150 25th Street
San Francisco, CA 94107 Map 

Tuesday – Friday: 10 to 6 pm  Saturday: 11 to 5 pm

6deae488b03b4e74b1921e88548ef58c

|

展示のお知らせ

六本木のタカイシイにて、グループ展に参加しています。
先日の個展で展示できなかった100号の作品を展示しています。

会期: 2018年4月28日(土)- 5月19日(土)
会場: タカ・イシイギャラリー 東京
参加作家:榎倉康二、クサナギシンペイ、村上華子、シルケ・オットー・ナップ、スターリング・ルビー(敬称略)


それからアメリカ、カリフォルニア州にあるカーネギーアートミュージアムで、グループ展に参加しているみたいです。いるみたい、というのは、実際に会場をこの眼で見ていないのでなんだか狐につままれたような気分だからです。行けば本当にやってると思います。たぶん。。。

会期:2018年3月11日- 5月27日
会場:Carnegie Art Museum,Oxnard, California.
“Black & White & In Between: Contemporary Art from the Frederick
R. Weisman Art Foundation,”

お近くにおいでの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

|

個展のお知らせ

六本木で個展やります。お近くにお立ち寄りの際はどうぞご高覧下さい。
よろしくお願いします。

「どこへでもこの世の外なら」

“Anywhere Out of the World”

2018年2月17日〜3月17日

Taka Ishii Gallery Tokyo
タカ・イシイギャラリー 東京

106-0032 東京都港区六本木6-5-24 3F
tel: 03 6434 7010 fax: 03 6434 7011
mail: tig@takaishiigallery.com
営業時間: 11:00 – 19:00
定休日: 日・月・祝祭日

日比谷線「六本木駅」3番出口より徒歩3分

|

喧噪の静寂

どこで読んだのか、デカルトが(確かデカルトだったと思う。もしかしたら他の哲学者ないしは小説家だったかもしれない)オランダ、アムステルダムの街の中心、人通りの多い目抜き通りに面したアパルトマンに居を構え、雑踏と喧噪の中に紛れて一人思索の生活を送った。その騒がしさによってこそ、都市の便利さを何一つ失うことなく、彼は孤独で隠遁的な生活を送ることが出来たのだ。といったようなことが書かれていて、最近そのことを、よく思い出している。

|

2017の終わりに

あっという間に秋が過ぎ去って冬が来て、今年ももう終わり。
来年は2月から六本木のタカイシイギャラリーで個展があります。詳細は追ってまたお知らせしますが、もし気が向いたらまた観に来て下さい。

どういうわけか昔から年明け2月や3月に個展や展示をする機会が多く、お陰でここ何年もお正月らしいお正月を過ごした記憶がない。たまには三が日全てを酒とテレビに捧げてみたいと想ったりもするけれど、でもまあこれはこれで有難いことなのだろう。2017年は個人的に色々と変化の多い激動の年だった。来年はいったいどんな年になるのだろう。きっと明日遅くには公開されるであろう石井ゆかり先生の年報の更新を心待ちにしながら、とりあえずみなさんも佳いお年をお迎え下さい。そして佳い一年を!

|

展示のお知らせ

いま六本木のタカイシイギャラリーにて行われている夏のグループ展に小品2点展示しています。今年初めに、MOTサテライトで展示したやつです。お盆休みを挟んで、9月2日までです。とりいそぎおしらせまで。

会期:2017年8月2日(水) – 9月2日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー 東京
参加作家:マリオ・ガルシア・トレス、五木田 智央、クサナギシンペイ、ウィリアム・J・オブライエン、スターリング・ルビー

|

啓示

朦朧とした意識の中で辿り着いた泉の畔で、忘れもしない2017年7月4日、神は僕に確かにこう言ったのだ。 “汝、肉推しの店で魚の刺身を頼むことなかれ。激安居酒屋においてもこれしかり“、と……。” “よいな、例え「今日のオススメ」と書いてあってもだぞ……。” そこで僕は意識を失ったのだった。(ぱたり)

※食中毒で死にかけました。夏本番、みなさんもご注意ください。。。。(もう恢復しました♡)

|

誰も知らない花

Img_20170502_130437_edit

|

『Motサテライト往来往来展』トークのお知らせ

東京都現代美術館企画展「往来往来」に併せて行われる連続トークのお知らせです。人前でトークするのなんて、チョイス取ったとき以来15年ぶりくらいかもしれない…。全く上手く話せる気がしませんが、ご興味がある方はどうぞよろしくお願いします。僕は3月5日の回に登壇します。

●参加作家による連続トーク

▽2017年2月19日(日)14:00-16:00

佐野文彦、ごはん同盟

▽2017年3月5日(日)14:00-16:00

松江泰治、クサナギシンペイ、毛利悠子

▽2017年3月12日(日)14:00-16:00 

飯山由貴+remo、mi-ri meter

▽2017年3月20日(月・祝)14:00-16:00

吉増剛造、カニエ・ナハ、花代、ひがしちか

会場:三好地区集会所(MOTスペース4の北へ二軒隣)
   *会場は都合により変更になる場合がございます。
定員:40名(先着順)
当日直接会場にお越しください。

|

展覧会のお知らせ

東京都現代美術館(現在休館中)が企画した、清澄白河の街を舞台にした展覧会に参加することになりました。僕はMOTスペース7にて新作絵画、MOTスポット(アライズコーヒーロースターズ)にて著書『清澄界隈』から原画を一部展示する予定です。会期中には、トークなどもする予定です。詳細は分かり次第、追ってお知らせします。もしお時間があれば、観に来てください。

MOTサテライト 2017春 往来往来

会期 2017年2月11日(土祝)-3月20日(月祝)

会場 清澄白河エリアの各所

アクセス
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄大江戸線
「清澄白河」駅 B2出口 または A3出口

メイン会場(MOTスペース1~7)
まずはMOTスペースへお立ち寄りください。全7ヶ所のMOTスペースでマップを配布します。

開場日時:
2017年2月11日(土祝)から3月20日(月祝)までの木・金・土・日、祝
11:00~18:00
観覧料:無料

MOTスペース会場 詳細
1) 旧駄菓子屋(江東区白河2-3-3)
2) グランチェスター・ハウス
 (江東区三好3-8-5)
3) 深川資料館通り商店街協同組合事務所
 (江東区三好3-8-5)
4) 赤い庇の旧印刷所(江東区三好3-7-11)
5) F邸(江東区平野1-13-12)
6) 平野の旧印刷所(江東区平野1-9-5)
7) リトルトーキョー(江東区三好1-7-14)
*MOTスペース2と4には2階展示会場へのエレベーターはありません。

その他会場 
MOTスポット(小展示)会場 詳細
会期:2017年2月11日(土祝)-3月20日(月祝)
開場日時:各会場により異なります。
観覧料:一部をのぞき無料

会場:江東区深川江戸資料館*/ 江東区芭蕉記念館* / 江東区立深川図書館/ 法苑山 浄心寺/ あづま屋文具店/ 田巻屋/ 大久保クリーニング/ 三河屋精米店/ 杉原商店/ Coci la elle/ アライズ コーヒーロースターズ/ fukadaso CAFE/ iki ESPRESSO TOKYO/ ALLPRESS ESPRESSO/ mamma cafe 151A/ しまぶっく/ smokebooks/ NOiS 清澄白河 ほか
*江東区深川江戸資料館でのごはん同盟、カニエ・ナハ+大原大次郎作品と、江東区芭蕉記念館でのカニエ・ナハ+大原大次郎作品は展示室内にあるため、入場の際に観覧料が必要となります。

【フェロー・プロジェクト】
gift_+AS「ラジオ往来往来 / Radio.OraiOrai」
2017年2月11日~3月20日
gift_lab GARAGE
http://radio.oraiorai.org

アートト「MOTサテライト アーカイ部」
MOTサテライトを観察、地域への影響などをリサーチし、地域とアートの関わりの可能性を探るプロジェクトです。会期中、公開フォーラムを行います。

お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
8:00-22:00 年中無休
または
03-5633-5860
(東京都現代美術館 リニューアル準備室代表)
平日9:30-18:00

http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot-satellite-1.html

|

展覧会のお知らせ

すっかり遅くなってしまいましたが、東京アートブックフェアにご来場頂いた方々、どうもありがとうございました。お陰様で、今回のブックフェアに併せて作成した新作「須崎画」は完売致しました。増刷の予定はありません。残念ながら買えなかった人、本当にごめんなさい。家に残っていた刷り見本などを合わせて、下記にお知らせするユトレヒトの展示でなんとか(本当にあと数部ですが)販売できそうなので、もしご興味ありましたら覗いてみて下さい。

さて、近況のお知らせです。
10月、11月にグループ展が三つあります。
僕の所属する二つのギャラリーが偶然にも同時期にそれぞれ新スペースを開くことになました。そのオープニング展にそれぞれ参加します。

〈東京〉
●タカイシイギャラリー六本木新スペース オープニング展
「Inaugural Exhibition: MOVED」
会期:2016年10月21日(金)- 11月19日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー 東京

(新住所:港区六本木6-5-24 complex665 3F)
詳細;http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/15179/

〈サンフランシスコ〉
●「Will And Be Going To」
Grand opening exhibition of the gallery program
in our new location at 1150 25th Street.
November 4 – December 17, 2016
詳細:http://www.altmansiegel.com/exhibitions-l/upcoming/

それからもう一つ、去年高知県で滞在制作した時の成果展のようなものをやります。TABFで販売した『須崎画』も、こちらでごく僅かですが販売します。

<東京>
● 現代地方譚サテライト展(仮)
会期:10月12日(水)-16日(日)
会場:ユトレヒト
http://utrecht.jp/?p=19840
営業時間 12:00-20:00
東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C
tel 03-6427-4041
mail info@utrecht.jp

よろしくお願いします。

※一部情報を更新しました(2016/10/5)

|

東京アートブックフェア2016のお知らせ

今週末の9月16日から四日間、外苑前で行われる東京アートブックフェア2016に、軒下チームとして今年も参加します。今年は、去年高知県で滞在制作中に暇を見つけては描いていた未発表の写生画を纏めた、『須崎画』という本を作りました。

  昔、セツモードセミナーという学校に通っていた時は、年に一度、写生旅行がありました。現地集合現地解散、宿も自分で手配して、千葉県の大原という漁港で日に焼けながら何日もひたすら写生を描きまくるという、いま思い出してもなかなか自由で面白い授業でした。以来、出不精なのも手伝って実際に外に出て写生するなんて一切やってこなかったのですが、あれから二十年近く経った去年、高知県で滞在制作をしていたときに、ふと思いついて、あれをもう一度やってみようと思ったのでした。なんだかセツで行った大原のことをやけに思い出すなあ、と訝っていたら、よく考えたらどちらも小さな漁港だと気がつきました。同じ匂いなのでした。
 個人的なトレーニングのつもりだったので、ただ描いただけで満足して丸めて持って帰ってきていたのですが、いろんな巡り合わせがあって、こうして一冊の本になりました。30部しか作らなかったので、もし欲しい方はお早めに。もちろん手製本です。会期中はずっと会場にいる予定なので、お気軽にお声がけ下さい。『清澄界隈』をはじめ、今まで作った他の本も持っていきます。よろしくおねがいします。

東京アートブックフェア2016
http://tokyoartbookfair.com/
2016年9月16日(金)15:00〜21:00
2016年9月17日(土)12:00〜20:00
2016年9月18日(日)12:00〜20:00
2016年9月19日(月・祝日)11:00〜19:00

入場無料

東京都港区北青山1-7-15 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス

●チーム軒下(阿部伸二、江原隆司、クサナギシンペイ、藤田慎一郎、森本美絵)
ブース番号D-05

●新刊情報

『須崎画』 
B4判 /手製本 /24頁 /中綴じ /30部限定 予価2000円

|

お知らせ

あっという間に九月。

今年も9/16〜19日、外苑前にて開催される『東京アートブックフェア』にチーム『軒下』として参加します。
部数は少ないですが、新作も出す予定です。またブース番号など、詳細が分かり次第お知らせします。それから、秋にはいくつかグループ展などにも参加する予定なので、これもまた詳細決まり次第お知らせします。

●東京アートブックフェア
9/16-9/19 
http://tokyoartbookfair.com/

|

おしらせ

飛ぶ教室第46号(2016年夏号/光村図書刊)に、童話を一篇書きました。
ツバメの話です。

http://www.mitsumura-tosho.co.jp/shohin/tobu/book_t046.html

ポケモンGOは二日で飽きました。

|

夢で逢えたら

Dsc09824

|

6X6

Img_20160408_172833_3Img_20160404_092024_3
Img_20160327_120705_4
Img_20160504_013055_2

半年くらい前に携帯電話を変えたら、画角が変わった。
新しい携帯電話はiPhoneに比べるとフォーカスが甘くて、少しイライラする。

|

«備忘録的な